topimage

2017-10


続編 夏と秋と冬と春のアジサイ - 2015.12.23 Wed

こんにちは。
インディアンチャンピサージ(インド式ヘッドケア)の
日本校認定講師、みなみですにこちゃん

これは、ある友人の体験と気付きから生まれた物語。
”二つのおうちとアジサイ”をもらってから季節が巡ったある日、
この続編を手渡されました。

DSC_0037.jpg

夏と秋と冬と春のアジサイ

ある女の人は小さなアジサイを大事に大事に育てていました
毎日お水をあげて大事に大事に育てていました
お水を忘れると、アジサイはグッタリしました
でもお水をあげると、アジサイはシャキンとしてくれました

「アジサイ、大事にするね」


DSC_0038_20151223091714b6f.jpg

向日葵の季節がやってきました
アジサイの花は枯れましたが、大きな葉っぱが青々と元気に太陽を浴びていました

金木犀の香りがする季節がやってきました
葉っぱの成長は止まりましたが、秋風に気持ち良さそうに揺らいでいました

ポインセチアが並ぶ季節がやってきました
葉っぱは全て落ちてしまい、ただの茶色い枝だけになってしまいました

「アジサイ、枯らしてしまった・・・」

そんな時、アジサイだらけの小道を通りました
一面のアジサイの木はどれも茶色いスカスカの木になっていました
それを見て気付きました
「私のアジサイだけじゃなかったんだ」

アジサイは、寒い冬を乗り切るため、花も葉っぱも全てを落として、茶色い枝だけになってしまう
そんな当たり前のことを改めて知りました


DSC_0039_20151223091715b50.jpg
タンポポの咲く季節がやってくると、
アジサイの枝から芽が出ていることに気付きました
枯れてしまったように見えたけれど、
冬の間、新しい芽を作る準備をしていたのでしょう
冬の間、いっぱい休んで、元気を蓄えていたのでしょう

アジサイは季節に合わせて、とても上手に生きている気がしました

人は一年中、花を咲かせるため、葉を落とさないために毎日頑張っている気がしました
色々あってもいいと思いました
ずっと咲くのではなく、ずっと青々とした葉を持つのではなく、時には休んだりすることがあってもいいと

これからもこのアジサイと一緒に春夏秋冬を楽しみたいなと思うのでした


この二つの物語が必要な方の元に届き、何かの気付き、助けになると良いな
と思い、友人に許可を得てシェアさせて頂きました笑顔
自分を見つめ、今を受け入れていった幼馴染の心友に愛と感謝を捧げます。

いつもありがとうございます
感謝を込めて

北鎌倉駅西口より徒歩2分
森の寛ぎ家サロンrainbowbird みなみにこちゃん
http://rainbowbird.lcici.com/
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://rainbowbird373.blog.fc2.com/tb.php/500-68b53ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本年もありがとうございました «  | BLOG TOP |  » 二つのおうちとアジサイ

プロフィール

rainbowbird373

Author:rainbowbird373
こんにちは。
rainbowbirdのみなみです。
心と身体の繋がり。
今、ここにある事。
それをヘッドケアやオーラソーマで
感じて頂ければと思っています。

今日の一枚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (484)
ヘッドケア (93)
オーラソーマ (35)
フェイス (9)
オーラソーマ(今日のボトルとカード) (53)
お客様の声 (9)

カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる